WordPressサイト制作

AboutWordPressとは?




wordpressは、世界で7,000万を超えるサイトで使用されており、日本においてはCMSの86.3%という圧倒的なシェアを持つ、現在のweb制作の現場で定番となっているCMS(コンテンツマネージメントシステム)です。

もともとはブログツールとして用いられていましたが、バージョンアップを重ねCMSとしての機能を充実させてきた事で広く使われるようになりました。

国内外の大手企業から中小企業までWordPressを利用したWebサイトの導入実績が数多くあり、政府機関・行政分野などの公的サイトでも採用されているほど、様々な規模・分野での利用が可能です。

新規ページの作成や既存ページの編集がブログを更新と同じ感覚で可能な操作性、プラグイン、テーマによる機能拡張が容易なために企業サイトからECサイトを構築することも可能な柔軟性を持つことから「次のサイトもWordPressで」と、ここ最近ではクライアント企業側から指定があるほど人気があります。

またホームページの制作側からしてみても、共通する処理をプラグイン化しておいて効率化が図れる、システム要件の問題解決としてコストダウンしたご提案が出来ることやPHPと言うWebプラグラミングで広く使われているスクリプト言語を使用しているため開発者が多く、日本語の情報も発見しやすいなどメリットも多いのです。

オープンソースのため、世界中の開発者からのフィードバックを受けて、アップデートによる継続的な安定性や脆弱性に対応することができます。またライセンス料が無料というものも企業にとってはコスト削減になり見逃せないポイントです。

WordPressのプラグインとは?

プラグインは利用したい機能を簡単にWordPressに取り入れられる仕組みです。

例えばプラグインを利用せずにメールフォームを設置するとしたら、従来は開発にかかる期間やコストが必要でしたが、
プラグインの場合は、ダウンロードして有効化するだけで簡単にサイトに機能を追加することができます。

現在、公式プラグインに登録されている日本語に対応したプラグインの数は約4万個あり、10億2千万回ダウンロードされています。

外部リンク プラグイン – WordPressCodex日本語版

wordpress使用イメージ

opration簡単な操作で更新可能

従来のホームページで更新する場合には、HTML/CSSの専門的な知識が必要になるため、新たにweb担当者を募集したり、外部の制作業者へ依頼するしか選択肢がありませんでした。

WordPressは、ブログと同じ操作方法でテキストの変更や画像の追加が可能なため、ブログを利用した経験があったり、メールやMicrosoft Wordが使えるスキルをお持ちの方がいれば社内での更新が可能です。

新着情報の投稿やwebページの修正を行えば、あとはシステムで自動的に時系列に並べ替えたり、同じカテゴリーやタグに分類してくれます。

利用イメージ

other serviceその他のサービス

更新代行

保守・管理

人的リソースが足りない、web担当者が退職したなど自社で更新が出来ない時は更新代行もいたします。検索エンジンから評価を受けるwebライティングと正しいHTML構造のマークアップをいたしますのでSEO対策としても効果があります。

メンテナンス・システム管理

保守・管理

「急にWordPressの動きがおかしくなった」「突然、ログインできなくなった」などのトラブルは、WordPress本体や使用しているプラグインのアップデート時に最も起こりやすいのです。原因としては、WordPress本体のアップデートでプラグインが対応しなくなった。プラグイン同士が干渉してうごかなくなったなどが考えられます。

解決には、WordPressの詳しい知識が必要になりますので、お客様に代わりシステムを正常動作する状態にします。