section要素

section要素

HTML5以前では、h1からh6までの見出しタグでHTML文書のアウトラインをマークアップしていましたが、HTML5ではsectionによって明示的にアウトラインを定義できるようになりました。

section要素はHTML文書を「章」や「節」のように分けるセクションという階層構造を定義します。

注意すべき点としては、節や章の代わりなので、必ず見出しがなければなりません。コンテナ要素ではないため、直接sectionにidやclassを付与するよりも、レイアウト目的であればdiv要素が推奨されています。

こうすることで、VIEW(見た目)とCSSの依存度が弱まり、デザイン変更があった際にも崩れる可能性が少なくなります。

 

アウトラインの確認

HTMLのアウトラインを確認するには以下のサービスがあります。