webマーケティング

WEB Marketing業績・売上を伸ばしたい企業様をサポート

aboutネット時代のマーケティング手法

webマーケティング

ネットがこれほど普及する以前の時代は、ブランディング(ブランド化)を主目的としたイメージ広告でした。

しかし、現在では広告費用に対して、購買・お問い合わせ・資料請求といった目標達成率から効果を測定するレスポンス広告が主流になっています。
弊社のWebマーケティングは、検索連動型広告、インタレストマッチ広告・ディスプレイネットワーク広告、Youtubeなどの動画広告など幅広くカバーしており、ターゲットとなるユーザー属性や予算に応じて最適なプランをご提案いたします。

チラシや雑誌広告などと違って、正確な費用対効果が計測できるため広告予算の限られた中小企業こそwebマーケティングは活用すべき手段と言えます。

リスティング広告・PPC広告

リスティング広告・PPC(Pay Per Click)広告とは検索結果に表示されるクリック課金型の広告です。

雑誌・チラシや立て看板のような他のメディアでは、あらかじめ決まったスペースに契約期間のみ掲載され、効果測定も難しいのに対し
リスティング広告では予めビジネスに関連するキーワードを指定して、興味のあるユーザーだけに広告を表示します。
実際にクリックされた分だけ料金を支払う方式なので、運用を間違わなければ費用対効果に優れたメディアです。

メリット

  • ・興味・嗜好から御社のビジネスの対象となるユーザーを絞った出稿が可能
  • ・効果がアクセス解析などを見ることで数値でわかる
  • ・クリック課金型の場合には、実際に誘導した数だけの課金のため無駄がない

デメリット

  • ・自社で運用する場合は、専門知識を持った担当者が必要
  • ・ユーザーの反応や時期を見て改善していく継続的な運用

ソーシャルメディア広告

Twitter,FacebookなどのSNSに出稿も可能です。ソーシャルメディアを活用したマーケティングは口コミによる拡散性などが期待でき、近年ニーズの高いマーケティング手法です。

ターゲティング広告

ユーザーの過去の閲覧ページや検索したキーワードの履歴などから興味・関心を分析して、キーワードに関連性の高いサイトに訪問した際に広告を表示します。

アフィリエイト

サイトやブログオーナーに商品・サービスを紹介してもらい、そのリンク経由で商品の購買やなどの目的を達成した場合に報酬を支払います。アフェリエイターと呼ばれる商品紹介を行う大きなネットワークを利用できるのが魅力です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

14 + 13 =