GooglePlayMusicが9月3日より開始。月額780円〜

music

Googleが音楽聴き放題サービスに参入

music

2015年5月以来、続々と立ち上がった定額制音楽配信サービス。

最大のライバルであるApple社のAppleMusicに続いて、いよいよGoogleもGooglePlayMusic(グーグルプレイミュージック)で定額制音楽配信サービスに参入しました。

提供楽曲数が既存サービスの中で最大となる3,500万曲を予定しており、邦楽ではAKB48やEXILEなどのアーティストによる楽曲も充実。スマートフォン・タブレット端末・PCへストリーミング再生の他、1曲ずつの購入や最大5万曲をクラウドへの保存も可能なサービスもあります。

登録から30日間は無料。10月18日までの申し込みなら月額780円、それ以降の申し込みは980円。

サービス名 月額 提供楽曲数
Google Play Music 980円
(10月18日までの登録の場合780円)
3,500万曲
AppleMusic 980円 3,000万曲
LINE MUSIC 1,000円 150万曲(年内に500万曲予定)
AWA 960円 数百万曲(年内に3000万曲予定)

他の音楽配信サービスの影響は?

LINEのLINEミュージックは条件を満たした場合、30日間の無料チケットの配布やサービスプランを制限し料金を安くしたライトプランの導入を開始しています。

https://www.youtube.com/watch?v=DlLcKxP_M1o
公式LINE MUSIC CM

サイバーエージェントとエイベックス・デジタルのAWAでは料金を従来の月額1,080円から月額960円へ値下げが行われています。

AWA 誕生編

最後に

比較してみると先行していた国内サービスは楽曲数で見劣りするのがわかります。ライトプランや値下げで対抗もいいのですが、膨大な楽曲があるので、今後は使い勝手が大きな決め手になってくることが予想されます。ぜひとも国内勢には奮闘していただきたいところです。

コラム