制作の流れ

WORK FLOWキックオフから公開までの制作の流れ

SCROLL DOWN

01Orientationオリエンテーション

お問い合わせなどからご依頼をいただいてから、お客様が実現したいこと、解決したい問題点などについて理解し、お客様と共有します。

制作に関する予算や予測が出来る効果についてもご提案いたします。


02Planning 調査・企画

お客様の業種や主力商品・サービス、業界内のシェアなどをもとに、
「何のために」、「誰のために」、「どのようにして」を明確にし
企画の方向性を定めて具体的な提案内容を考えます。

どの技術を使うではなく、まずお客様の要望を実現するために必要な仕組みを設計します。

03Requirement definition要件定義

制作クオリティを高め、Webサイトを通じた目標達成と発展を促すために行うのが要件定義です。

プロジェクトの目的、目標や開発の最優先事項・必須項目は何か?を明文化していくことにより、
お客様と弊社で広く共有し制作の基準を決定します。


04Designデザイン

Webサイトの構造を表すサイトマップやページの部品配置位置を示すワイヤーフレームを起こして動線設計を考えます。

ターゲットユーザーに最適なページデザインを行うために
ビジュアル面だけでなく、ナビゲーションルールやページ規定から使い勝手
も追求します。

05Development開発

ユーザーが使いやすい、見やすいと言ったユーザービリティがサイト使い勝手を決定します。

それらを実現するWebプログラミングを開発する範囲や手法に合わせて最適な技術をご提案します。

06Management運用

サイト公開後も、定期的に情報発信することは、ユーザーの再訪問の契機になり、
SEO対策の面からもアクセス増加につながり、サイト運用上極めて重要な項目です。

ご希望のお客様には、サイトへアクセスしたユーザーの行動やその分析からの改善点を
ご提案するレポートサービスも用意しております。

07Promotion広告・プロモーション

サービス・商品やユーザー属性によって、最適なWeb広告・ブランディングプロモーションを
ご提案します。

ソーシャルメディアが効果的に使える場合は、運用からサポートいたします。