CMSサイト構築

CMS developmentCMSの構築

about cmsCMS(社内更新システム)とは?

ブラウザ上でテキストや写真を更新

CMSはコンテンツマネージメントシステム(Contents Management System)の略称で、名前の通りホームページの更新・管理が行えるシステムです。

今までホームページの更新には、HTML/CSSはもちろんのことwebデザインやサーバーの構築など多岐にわたる専門技術が必要なため、外部の製作会社へ更新を依頼する際には情報をまとめたり、写真を転送する必要があり、タイムリーな情報の発信ができないことによる機械損失や更新頻度の低下の問題、または新たにweb担当者を雇用する場合にはコストの上昇という問題がありました。

CMSの登場により、HTMLなどに関する知識が無くても、MicrosoftWordやブログを更新できるスキルがあれば、簡単にwebサイトを積極的に活用していくことが可能になります。

update flowCMSでの更新フロー

今までの更新フローの場合、更新希望が上がった際に、外部の製作会社へ更新要望を渡すために、まず社内の各部門で更新したい情報を取りまとめ、更新作業の見積り&上長の承認を取り、更新内容の制作を経て、ページのテストを行い、そして最終的な確認後にようやく公開完了と言ったステップを踏む必要がありました。

CMSを導入することで、これらのステップを大幅に短縮し、社内で早くコストをかけずに自社サイトの更新が可能になります。

従来の更新フロー [製作会社に依頼]
更新要望から情報の取りまとめ、見積、制作、確認の後の最終チェックが必要でした。
CMSを導入した場合のフロー [社内で更新]
従来のステップを大幅に削減してスピーディーな情報発信が可能になります

differenceCMSとブログの違いは?

CMSはブログと同等の操作感覚で更新が可能です。

世界的にはブログの流行は沈静化し、ソーシャルメディアの活用が進んでいますが、日本は世界的に見て珍しいほどブログが好まれる国です。

会社の情報発信として企業ブログはよく利用される手段ですが、ウェブサイトとして利用するには、時系列で記事が流れていくために、本来ならユーザーに最も見せたいページがなかなか見つけてもらえないという事態になってしまいます。

一方、CMSでは、ブログ投稿はもちろんのこと、新着情報やブログ記事などの時間の情報が必要なものと、時間軸に関係のない固定したいページも管理することが可能です。

またブログの場合はコメントやトラックバックを通じて読者とのコミュケーションを図る機能がありますが、情報発信がメインとなるコーポレートサイトにおいては不必要なケースが多いでしょう。

INSTALL typeCMSのタイプ

アプリケーションタイプ

パソコンへインストールして、HTMLの編集を行いファイルを作成後、サーバへアップロードします。
ローカルでデータを作成するため、バックアップが容易に取れることがメリットです。

サーバーインストールタイプ

Webサーバへインストールしてブラウザ上でCMSを操作して更新を行います。
ログインすれば利用できるため、場所を選ばず更新が可能です。

ASPタイプ

ASPプロバイダーからアプリケーションをインターネット経由でサービスとして利用するタイプです。
ページ数や利用ユーザー数などが利用コースによって制限されている場合があります。

typical cms代表的なCMS

wordpress






wordpressはもともとはブログツールとして開発されましたが、近年のニーズからCMSとのしての機能を充実させてきました。
ブログを作成したり、MicrosoftWordを使用できるスキルがあればスムーズに使用できます。

WordPressを利用したサイト構築は、WordPressサイト制作をご覧ください。

wordpressの特徴

  • 定期的なバージョンアップによる機能拡張やセキュリティ対策
  • 30,000種類を超える豊富なプラグイン
  • Google社の検索品質リーダーであるマット・カッツも認めたSEO対策に強いサイト構造
  • 高いCMSシェアから日本語の情報も入手しやすい

concrete5











































































































































































concrete5(コンクリートファイブ)は数年前にオープンソース化された比較的新しいCMSです。例えば他のCMSなら段組を作るには複雑な操作やHTML/CSSを編集しなければなりませんでしたが、comcrete5ではドラッグ&ドロップで直感的なレイアウト配置が可能です。機能の単位となるブロックにフォームやRSS、Googleマップなどの機能を簡単に追加できるパーツも充実していて近年人気のCMSです。オープンソースでMITライセンスにしたがって無償で利用可能です。

concrete5の特徴

  • ページを見ながら直感的な編集が可能
  • メールフォーム、RSS表示、サイト内検索などをドラッグ&ドロップで配置可能
  • BootStrapモジュールを利用したモバイル(レスポンシブ)対応済み
  • 他人数の編集による管理が可能なワークフロー機能