[POP3]複数のデバイスでメール受信するならメールプロトコルはどっち?[IMAP4]

メールの受信プロトコル

メールの受信にまだ「POP形式」を使ってますか?

メールを受信する設定の時にPOP形式を使うか、IMAP方式を使うかで悩んだことはありませんか?そもそもプロバイダーの対応状況で「POP」しか使えない場合もあるかも知れませんが、もしメールサーバがPOPだけでなくIMAPでの受信が可能なら便利になるかも知れませんよ。

POPとIMAPはどう違う?

POPとIMAP。どちらもメールを受信する際の通信規約(プロトコル)です。

POPの特長

POP3での受信

POP(Post Office Protocol)は現在最新バージョンが3なので「POP3」とも呼ばれます。メールサーバからメールを受信するソフト(「Windowsメール」やMacOSなら「Mail」)にコピーしてメールのデータを受信します。
ということはパソコンで受信したメールは、サーバにメールを残す設定にしないとスマホやタブレットで削除されている状態になります。

IMAPの特長

imap4での受信

これに対してIMAP(Internet Message Access Protocol)は、POPの上位バージョンで、POPにはないメールの検索や複数のメールボックスなどの機能を持ちます。メールソフトにダウンロードせず、メーラー(メールを受信するソフトのこと)でメールサーバ内のメールを見る形式なので、PCでもスマホやタブレットでも同じメールを複数のデバイスで見ることができ、「あのメールどのデバイスにあったけ?」なんてことがなくなります。

スマホやタブレットでもメールをチェックするなら

POP3,IMAP4について簡単にご紹介しました。よくわからないから昔からあるPOPを選んでいると言う方も多いようです。IMAPの便利さはすでに書いた通りですが、メールサーバが対応しているなら仕事でもプライベートでも便利ですので、ぜひご検討ください。

コラム